スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                        

いつか...

この記事は
"死"
の続きです。


書き終わるまでに無駄に時間をかけてしまった
"介護職に至るまで"
もこの記事で終わりです。


とにかく働こうと思う前から
介護職と介護業界については
ニュースとかで見ていて知っていました。

3Kと言われ
認知症の入居者さんから暴力を振るわれたり

また、逆にスタッフが虐待してる
なんてことがある業界でしたが

人手不足から窓口だけは広いです。

その窓口の広さにかけてみようと思い
面接を受けました。

結果は、すんなり受かりました。

正直拍子抜けです。

長々と書いた割には
この業界に入った理由なんて
こんないい加減な理由でした。

いい加減な理由だけど
もう一つ理由がありました。

自分の家族に対しては向き合えなかったけど
仕事としてなら認知症などにも向き合えるかなって

そんな代償行為がもう一つの理由です。

どっちの理由も酷いものです...。

結局、猫のことが大半を占めていて
介護のことは全然関係ない気がします。

家族のことは、結局何も変わらず

母親の統合失調症も
ひいおばあちゃんの認知症も
悪化する一途です。

家族の精神病と向き合うのなんて
何年たっても出来ないのかもしれません...。


おわり

新カテゴリ
"介護職に就いてから"
に続きます。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


ランキング参加してます!
良かったらクリックしてにゃ~!!


                        
スポンサーサイト

テーマ : 思う事
ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事は
"手遅れ..."
の続きです。

だらだらと書いてきた
"介護職に至るまで"
のカテゴリも

いよいよ終盤です。

前回の記事の最後で
嫌なことが起こりました。

まあ、だいたいくろたまの嫌なことは
決まってるんですけどね;


野良ねこが体調を崩しました。

食べたり飲んだりしても
すぐ吐いてしまいます。

この時に病院に行けば
違う未来があったのかもしれません。

でも、お金もなければ
家族に反して勝手に餌を与えていたねこ

当然、病院になんていけません。

結果は"死"です。

また、失ってしまいました。

真面目に学校に行って
就職して、働いていれば救えたかもしれない命。

でも、そんなことより
住み込みとかで働くには
この子が邪魔と一瞬でも思ってしまった事が

この子を死に追いやってしまったのかもしれない。

なんて、身勝手な考えしかできない人間なんだろうと思いました。

前の猫とは違い火葬場に持って行くことも出来ません。

どうしたらいいかわからなくて
隠れて庭の隅に埋めました。

硬い土を掘って
邪魔な石をどけて

浅いと掘り返されたりしてしまうので深く。

そして、堅くなったその子を埋めました。

前の子と同じように
好きだったものを買ってきて
一人でお別れをしました。

結局、この子にも名前をつけてあげることが
出来ませんでした。

名前の無い二匹の猫を失って

きっと自分はねこたちを不幸にしか出来ない

だから、二度と飼ったり
手を差し伸べることはしないと決めた瞬間でした。

でも、この子たちを守れなかったのは
自分がいい加減に生きてきたから

だから、とにかく働こうと思いました。


次回
"いつか..."
に続きます。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


ランキング参加してます!
良かったらクリックしてにゃ~!!

                        

テーマ : 思う事
ジャンル : 福祉・ボランティア

手遅れ...

この記事は
"自分勝手"
の続きです。

こんにちは、くろたまです(*^-ェ-)

だらだら書いてて中々終わらない過去の話。

いい加減完結させようと思ったので
今日中に書ききれたらいいなと思うくろたまです(・。・;


さて、前回の記事では
戻ってきた野良ねこさん

結局、くろたまは手を差し伸べてしまいます。

でも、それじゃ前に失ったねこの時と何も変わらない

そんなわけでくろたまは
今まで見ないふりをしてきたことに対しての行動に出ます。

今回は、そんなお話。


帰ってきた野良ねこに手を差し伸べてから数日。

怯えていたねこもすっかり以前のようになついていました。

でも、このままじゃ何も変わらないし
いざというときにお金がなければ
昔と結末は同じと思い、フリーターからの脱却を図ります。

しかし、世の中そんなに甘くはありません。

高校を中退して
だらだらフリーターをしていた人間を
そうそう雇ってはくれません。

何か突飛した能力があるわけもないので
会社にアピールすることも出来ません;

高校を中退した時に頭ではわかっていたことでも
実際に直面すると、本当にどうにもならないようなことでした。

そんなこんなで
半年ぐらい後悔と閉塞感に囚われていた時

知り合いから
住み込みで働いてみないかと
誘われます。

今の現状から脱出する取っ掛かりになればと
面接を受けてみることにしました。

しかし、住み込みということは
家に住みついた野良ねこを
どうにかしなければいけないという問題がついてきます。

そんなことを考えながら面接を受けました。

結果は、お断りされましたけどね;

軽い気持ちで手を差し伸べた野良ねこ
こんな時にも、ついてくる問題なんだなと思いました。

その思いが原因なのか
ここでまた嫌な出来事が起こります...。

次回
"死"
に続きます。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


ランキング参加してます!
良かったらクリックしてにゃ~!!

                        

テーマ : 思う事
ジャンル : 福祉・ボランティア

自分勝手

この記事は
"命の重さ"
の続きです。

こんばんは、くろたまです(=^・ω・^=)

またまた、前回の記事を書いてから
時間が空いてしまいました;

前置きは置いておいて
"命の重さ"
の続きを書いていきます。


家に住み着いた野良ねこを
捨てに行ってから
二週間ほどが経ちました。

正直、何もしてないような
二週間でした...。

そんなある日
家の庭で何処かで見たような
猫を見つけます。

一瞬で逃げられたけど

それは間違いなく
2週間前に捨ててきた野良ねこでした。

その再開には
なんとも言えない気持ちになりました。

その日は、ちょっと見えただけで
すぐどこかに隠れてしまいました。

次の日、嬉しさのあまり
バイト帰りに餌を買って帰りました。

野良ねこはすぐに見つかりましたが

ここまで帰ってくる間に
嫌な経験をしてしまったのか
怯えきっていました...。

餌だけ置いてその場を離れると
周りを警戒しながらゴソゴソと
出てきました。

遠くから様子を伺っていると
しっぽがカギ状に曲がっているのが
見えました。

もともとは、綺麗な長い尻尾をしていたのに...。

どうして、そうなったのかは分かりません。

心ない人間に遊び道具にされたのか

それとも、他の理由なのか...。

ただわかるのは、あの時捨てなければ
こんなことにはなってなかった

この子に恐怖とトラウマを与えてしまったのは
他でもない自分なんだと思いました。

なのに、また手を差し伸べている
なんとも身勝手な行為...。

かわいい、かわいいで
猫のことなんか何も考えていない
そんな酷い人間でした...。

次回
"手遅れ..."
に続きます。


にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


ランキング参加してます!
良かったらクリックしてにゃ~!!

                        

テーマ : 思う事
ジャンル : 福祉・ボランティア

命の重さ

この記事は
"知らない事がしあわせ"
の続きです。


いつもながら、過去の話は中々続けて書けず
前回の記事から日が開いてしまいます;

中々、心のなかで割りきって
仕舞ってしまうことが出来ないくろたまです;


では
"知らない事がしあわせ"
の続きを書いていきます。


家の裏に住み着いた野良ねこ
餌をやるなと言われても

新しい心の拠り所を失うことなど出来ず
家族に逆らって餌をやり続けていました。


心の拠り所を見つけたところで
家庭環境が変わるわけでもなく

相変わらず統合失調症の母親は
良くなるわけでもなく
効くのかわかりもしない薬を飲み続けるだけ。

ひいおばあちゃんの認知症は
ひどくなるばかりでも
誰もそれが病気だと扱わず
悪者扱いされるのは私ばかり...。

家の中に居場所なんてなく

裏庭で野良ねこと
一緒にいる時だけが
こころの休まる時間でした。

でも、見つかれば
餌をやるな
捨ててこいといわれ

出来るだけ見つからないように
野良ねこと一緒にいました。

望まれないのに生まれてしまったのが
この子と一緒のような気がしてました。

でも、そんな日々も長くは続きませんでした。

捨てて来いと言われることと
統合失調症の母親と
認知症のひいおばあちゃんと

家族全員から
色々なことを責められることに
耐え切れず...

野良ねこを捨てに行くことにしました。

かばんに野良ねこを入れ

自転車に乗って

一時間ぐらいかかる
林のようなところを選びました

当然、そこに置いてもついてくるので
餌を囮にして
餌に気を取られてる間に逃げました。

それ以来
猫の未来や命より
自分の心の安寧を選んだ

そんな意識に支配される毎日でした。

再び、心の拠り所を失った瞬間でした。


でも、そんなことより
身勝手に手を差し伸べて
都合が悪くなったら切り捨てる

そんなことをした自分が
とてつもなく嫌いになった瞬間でもありました...。

死んでしまいたい
そんな毎日が続いていくことになります。

次回"自分勝手"
に続きます。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 ランキングサイトに参加してます!
良かったらクリックしてにゃ~!!


                        

テーマ : 思う事
ジャンル : 福祉・ボランティア

にゃんこ様記事一覧
プレイ中のゲーム
介護職必見記事!!
介護
【介護士の悩み(腰痛)】
【介護の仕事】 【介護の仕事に就いてから】
【介護職になるまで】
【介護士の悩み(薄給)】
【介護士の悩み(人間関係)】
【介護士の悩み(利用者さん問題)】
【介護士の悩み(日々のレク)】
お買い物にゃ~
痩せた~いっ!!
健康第一!!
今すぐ食べたいスイーツ特集
ニュースと雑記
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽しい猫ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。