スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                        

【エアコン】暑くなってきたので

最近30℃を超える日も出てきて
とっても暑い毎日ですね(・_・;)

そうなると欲しくなるのが『エアコン』

でも、使ってないエアコンは
ホコリまみれで掃除しないとしっかり機能しなくて
電気代の無駄です∑(゚Д゚)

なので、エアコンの掃除方法を調べてみました(=^・ω・^=)

1.まずは外す前に掃除機をかける

フィルターを外す前にフィルターの周りや
エアコンのパネル部分に付いたホコリを掃除機で吸っておく事で
フィルターを外した時にホコリが降ってくるのを防ぐ事が出来ます。

2.外す時はゆっくり丁寧に
フィルターは非常に薄くて柔らかいプラスチック樹脂で出来ていますので
無理に引っ張ったりねじったりすると破損する可能性があるのと
勢いよく引っ張りすぎると奥からホコリの塊が落ちて来る可能性があるので注意しましょう。

3.外側からそっと掃除機をかける
ホコリはフィルターの外側に付いていますので
外側から掃除機をかけましょう。

内側から吸ってしまうと
ホコリが逆にフィルターの目に詰まってしまいます。

3.月に1回はお風呂場で水洗いして日陰干しする

掃除機で吸うだけでは目に詰まった細かなホコリは完全には取れません。
2回に1回は掃除機で吸った後
浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう。

その時ポイントは掃除機とは逆に裏側からシャワーをあてる事。
外側から水圧をかけると逆に目詰まりしてしまいます。

洗剤を使う場合は台所の中性洗剤を水で薄めた物を使い
柔らかいブラシを使えば、フィルターを傷めません。


吹き出し口とルーバーの掃除方法

吹き出し口は、熱交換器を通った空気が出て来る最後の部分です。
ここが汚れていては部屋中に汚れた空気をまき散らす事になるので
手の届く範囲でキレイに拭き上げましょう。

手が届かない場合や、自信が無い場合は決して無理に作業せず
プロに頼むようにしましょう。

届かなくて椅子に乗って作業する場合は
安全の為に必ず誰か下についてもらいましょう。

1.コンセントを抜く(もしくはブレーカーを落とす)
ここから先はエアコンの内部を触るので
必ずエアコン室内機の横にあるコンセントを抜いてから作業して下さい。
※コンセントが無い場合は、ブレーカーを落とします。

2.ルーバーを手で回す
吹き出し口のルーバーを手で回します。

ルーバーは手で動かしてキチンと閉まらなくても
電源を入れれば自動で元の位置に戻るので大丈夫です。
※軽く回して動かない機種は無理に作業しないでください。

3.中の拭き上げ
タオルに中性洗剤を薄めた物を染み込ませ
指に巻いて中を拭いていきます。

届かない場合は細長い定規のようなものにタオルを巻いて拭きましょう。

洗剤を使った後はもう一度水でしぼって仕上げ拭きして下さい。
また、中の方に見えるファンに付いている汚れは
プロが使う専門の器材と洗剤が無いと取れませんので触らないように注意しましょう。

4.電源を入れ送風運転
キレイになったらコンセントを差して電源を入れ送風運転をして完了です。
この時汚れが残っていても運転中には決して触らないように注意して下さい。
中のファンに指が巻き込まれたりすると大変危険です。
引用- おそうじ本舗


中々にめんどくさいです(・。・;

でも、真夏の快適な生活のために
頑張ってそうじをすることにしますฅ•ω•ฅ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキング参加してます!
良かったらクリックしてにゃ~!!


                        
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

にゃんこ様記事一覧
プレイ中のゲーム
介護職必見記事!!
介護
【介護士の悩み(腰痛)】
【介護の仕事】 【介護の仕事に就いてから】
【介護職になるまで】
【介護士の悩み(薄給)】
【介護士の悩み(人間関係)】
【介護士の悩み(利用者さん問題)】
【介護士の悩み(日々のレク)】
お買い物にゃ~
痩せた~いっ!!
健康第一!!
今すぐ食べたいスイーツ特集
ニュースと雑記
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽しい猫ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。